JAPANESEENGLISH
ISO/TS 16949:2009

圧倒は、高度化への挑戦から生まれる。継承されてきた技、品質向上への情熱、そして、新しい発想とスキル。「圧倒的な高品質」は、職人の高度化から生まれる。

次世代職人が、未来を創る。

これからの鋳造の現場は、継承されてきた職人の技術と、
新しい発想や新しいテクノロジーのベストミックスがカギとなります。
圧倒的な高品質を追求するためには、現場も人も高度化が必須と考えます。
私たちが求めるのは「次世代職人」。労力を惜しまず、汗を流して鋳造に取り組む情熱と、
変化に対応できる柔軟性、新しい知識や技術を身につけた職人です。
「次世代職人」としてのDNAを進化させることが、
圧倒的な高品質を生み出し、私たちの未来を創ると信じています。

継承プラス、先進的な現場づくり。

私たちの現場には、ベテランの職人から新人の職人までがいます。
ベテランが積極的に自分の知見や技をアウトプットし、
新人がそれをインプットしながら職人として成長をすることで技術の継承を行ってきました。
さらに「次世代職人」として力が発揮できるよう、データのデジタル化、
最新設備の導入やIT化など先進的な現場の構築も進めています。
またチームワークも現場の活性に必要な力です。誇りをもって働ける現場づくりにも努めています。

鋳造の未来は、私たちが開く。

「圧倒的な高品質」は、職人一人ひとりの「技」、「汗」、そして「誇り」から生まれます。

若手職人

日々、できることが増えて楽しい。

堀込 煕 Hikaru Horigome 23歳 職人歴5年目 所属:内外

鋳造はとても奥深いです。製品や機械のクセをつかみ、小さな異変も見逃さない姿勢で臨んでいます。その分、一つ一つ覚えるごとに自分のできることの多さを実感することができ、それが成長や楽しさにつながっています。だから、私は新しい知識を手に入れた時が一番うれしいですね。先輩職人から学ぶことは多いです。みな教えることが大好き。私も毎日、作業効率の上げ方など技術的なこと、心構えを教えていただき糧にしています。

中堅職人

ベテラン職人から多くを学び、成長。

野本 高幸 Takayuki Nomoto 50歳 職人歴10年目 所属:東京鋳造所

常に改善、その連続です。鋳物作りで一番大切なのは品質の追求です。自分が手がけた製品が社会のさまざまなところで使われています。その責任を感じながら仕事の向上に努めています。不良品につながる原因を見つけクリアしていくこと、そして改善を積み重ねていく。その繰り返しです。自分の成長には、ベテラン職人の存在は大きいですね。技術を学び、時には目で盗み、自分の力にさせていただいています。日々の努力の大切さ、探求心を持つことなど鋳物作りにとって大事なことを吸収できました。

ベテラン職人

知識、経験、創造性が高品質を生み出す。

狩野 和広 Kazuhiro Kano 62歳 職人歴24年目 所属:内外/東京鋳造所

高品質の実現には、確かな物理的、理論的な基礎知識と積極的に実証した経験、それに創造性が不可欠です。金型の中はブラックボックスで、この中の現象を創造する力が高品質を生みます。だから、若手の職人には基礎的な勉強をしてほしいです。物理学、熱力学、有機化学、自分の考えを実現するための機械工学ですね。詳しくなくても理解できる力は養ってほしいと思います。職人としては、やはり他社でできない事を、装置を含め作製し、やってのけた時が一番喜びを感じます。お客様に喜ばれ会社の収益が上がり、社員が豊かになる。そうした貢献が、仕事をする誇りにつながっていくと思います。

好きなクルマに携われて、やりがいを感じる。

籾山 智希 Tomoki Momiyama 22歳 職人歴4年目 所属:内外

先輩方にいろいろな仕事を教えていただきながら頑張る毎日です。今は鋳物の仕上げ工程を担当しています。仕上げも品質に関わる大切な仕事で、コツを覚えて注意深く丁寧にやらないといけません。
私はクルマが大好きで、自分が携わった部品がクルマの一部になることを思うと、とてもうれしく、やりがいを感じます。仕事を覚えて経験を積んで、早く一人前になることが夢です。